2011年02月10日 木曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は朝から医者に行ってきました。

やはりヘルニアの診断。

ヘルニアで足が痛くなっていた、即効性があるのは注射がいいと言われたが、痛そうで少しまよったが早く直したかったので注射をうってもらう事に決めました。

注射をうつ場所は腰の尾てい骨の上あたり、いゃーっ! 非常に痛かった。

注射をうったら安静にしていて椅子には座らないでと言われた、椅子に座ると一番腰に負担がかかり注射の効果がうすれると言われたので、今日は椅子に座るのを控えるようにした。

腰痛との付き合いは私が中学生の頃ぎっくり腰なり、医者に行って以来腰痛で医者に行くのは二度目だ、その間も何度となく腰を悪くしていたがシップだけで直してきた。

が、今回だけは自力では無理と判断し医者に行った。

今回は会社の旅行で・・・

会社勤めをしていた時の慰安旅行での出来事。

温泉地への一泊二日のバス旅行。

バスに乗るとワンカップを配られた。

日本酒は苦手だが、チビチビ飲めば大丈夫と思いふたを開けチビリチビリと飲み始めた。

途中トイレ休憩でパーキングに停まった。

バスを降り、トイレに向かっている時は何も感じなかったが、トイレに入り便器の前に立った瞬間から、急に心臓が苦しくなりそのまま気を失った。

おい!おい! 大丈夫かの声に目が覚めた。

入る時は大勢で入ったのに気がついてみるとその人と私の二人しかいなかった。

その人の話によると、そのまま後ろ向きに倒れコンクリートの床に、凄い音をたてて頭を打ち付けたと言われた。

私も驚いたが、痛くも何ともない少しムズがゆいかなーっ位の感じだ、コブも出来ていない。

そのまま歩いてバスに乗った。

その倒れた時私は不思議な体験をした。

非常に気持ちが良かった重力が掛かっていない状態なのだろうか、とにかく気持ちが良かった。

小高い丘に体育座りで座っていて、一面が鮮やかな黄色だけの花畑だ。

その黄色を暫くの間、じぃーっと見ていた。

何れくらい時間がたったか分からないが、おいおいと声がして起こされた。

とにかく何ともいい様のない気持ちの良さであった。

昼食の時間、夜の宴会の時だれ一人としてこの話をする人はいなかった。

唯一昼食の時、バスガイドさんの おーっこわ! と言う言葉だけが聞こえて来た。

今でも打ち付けたと思われるへこみの後が頭にある。




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*