午前0時46分にトンと音、午前0時49分布団に入ってからストーブの網がガタガタと音を立てて振動していた。少し動かし振動を止める。

午前4時54分キュルルルトンと音、4時55分トンと音。

午前5時9分にキィーッキィと音、24分トンと音、31分ジョボジョボと排水音の音。

午前5時32分に車の雪降ろしと雪かきが午前6時45分頃まで部屋の周辺でしていた。

午前5時40分ジョボジョボジョボと排水の音、53分ガラガラと音、55分キュルルルトンと音。

午前6時29分にキュルルル、ガラガラと音、31分トンと音、35分ジャバジャバジャバーと水の流れる音、41分にトンと音。

午前6時50分にキュルルルトン、52分にキュルルル、ガラガラトンと音、55分にトンと音。

午前7時52分にキィーッキィキィと網戸の音。

今日は雪がかなり降ったので、足が痛いがゆっくり歩いて行く事にした。

午前8時56分玄関を出たら急にサイレンが鳴った。

これは合図のサイレンで歩く時は必ず鳴る。サイレンが鳴るといたる所で人がでていたり、車がバンバン通ったり、雪かきをしていたり、当然私が通り過ぎると雪かきをやめるのだが。

私が何かするとでも思っているのだろうか???

それと私の周りをウロウロしている人に二通りあると思う。市民のボランティアとして動いている人とお金目的で嫌がらせや邪魔をしている人、まだ他にもあるがおおまかに分けてこの二通りになると思う。

午前9時15分と30分にも救急車のサイレンが鳴っていた。

今回は腰痛の話を2回に分けてその2・・・

30日の土曜日この日は朝用事があったので、事務所に着いたのが遅くなった、事務所に着いてみると階段のペンキ塗りをされていた。

作業員の方が今日はもう来られないと思いペンキ塗りをしていると言われた。

私が今日は用事が有り来るのが遅くなったと言うと、1時間位しないと歩けないと言われ、他に部屋入る方法もなく自宅に戻る事にした。

1時間程時間がたち事務所に向かう。

事務所に着くときれいに塗られていた、歩くとキュキュと音がしていかにもペンキ塗り立てと言う感じだった。

31日の日曜日、大家さんから自宅に電話があり、ペンキ塗りをしたので午前10時頃まで階段が使えないと言われた。

今日は事務所には行かないので大丈夫ですと大家さんに言い電話を切った。

月曜日行って見ると,一段と階段が輝いている。

その時は気づかなかったが、その年の冬、雪が降って始めて気がついた。

めちゃくちゃよく滑る、スケート場のようによく滑り最初はびっくりした。

おっととっと!転びそうになる。

手すりを持って歩かないとずっこけてしまう。

何度もペンキ塗りをしたのはこう言う事だったのかと初めて思った。

雪が降る度に慎重に歩く、すり足のようにして歩かないと転んでしまう。

あまりに危ないので大家さんに、雪が降ると階段が滑って危ないので何とかしてもらえないですかと電話で頼んだ。

その何日か後に業者の方がこられて、作業をされていた。

私は塗ったコーティングを取ってくれるのかなと思っていたら、階段の端に滑り止めのテープをペロンと張っただけだった。この作業に半日も掛けておられた。

余り意味がなかったが、大家さんにこれ以上迷惑をかけれないので、そのままの状態にしている。




スポンサーリンク