日々の出来事 集団ストーカー行為 2010年12月29日 水曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、午後7時00分、消防車の鐘が鳴っていた。

今日は午前6時14分に目が覚めトイレに行き、布団に潜り込んだ。

午前6時33分、近くで救急車のサイレンが急に鳴り始めた。

6時36分、カラスが鳴き始める。

7時13分、救急車のサイレンが3回ほど鳴り止まった。7時15分、再び鳴り始めた。

このころに布団から抜け出す。

いつもエンジンを掛けてから発進するまでの時間が長い車がいる。以前はそうでは無かったと思うが、これに加担し始めてからだと思う、駐車場は部屋の裏正面にありよく聞こえる。今日は発進するまで1分20秒位かかった。1分20秒と言ったらかなり長い、私でもエンジンを掛けて、シートベルトを締め、ブレーキを踏んでギアをドライブに入れ、ハンドブレーキをおろして発進だからそんなにもかからないと思うが、みなさんはどうですか?

今日は2階から戸の開閉音がしてこない、寝ているのか、いやそんな事はない、寒いからガラス戸を開けない? そんなあほな!

8時前にやっと物音がしてきたが、なぜか音が控えめだいつもならドンドンと聞こえてくるのに、音は2階から聞こえてきているがちょっと離れた所から聞こえるような感じである。

ブログにこう書き込みをしたので明日は元に戻るかな??

自宅だけじゃなく何処に行ってもそうだが、私の思考によって声や物音を出されている事は以前の出来事で書き込みをしているが、気がついた事をひとつ、思考でもショーモない事をダラダラと考えている時より、ハッと物事を考えたり、パッと考えがひらめいた時のほうが音を出される確率は高いと思う。

午前8時半すぎに外出したが、車は普段よりも少なかった。
休みモード????

午後12時30分に救急車のサイレン。(お昼に外出予定)

今回は救急車について・・・

昨日地元紙の朝刊に(都会の方はビックリされると思うがここは田舎で夕刊はない)救急車の出動件数の記事が載っていた。私に言わせれば、ただ単に正当化させるための記事にしか思えない。

内容は、
出動件数は高齢化のため、2030年まで増える。軽症でも救急車を呼ぶケースが多く、重症患者の搬送の遅れを招きかねないので「救急車利用マニュアル」を作成し軽症者は「自力受診」を求める。
と言うような内容である。

呼ぶほうも加担者で時間の打ち合わせをしているかも分からないし、呼ばざるおえない状態にされてい可能性もある。

2階の方も2回ほど救急車を呼ばれたことがあるが、その時の救急車を停めた場所にも問題がある。団地等であれば入り口の前に停めると思うのだが、入り口の反対に停めていた、私の部屋の窓からよく見える位置にだ。他にも橋の中程に救急車が止まっていた事もある。何をしていたのだろうか・・・
みなさんはこの問題どう思われますか?

別のブログにその日に受けた内容と時間、救急車のサイレンの聞こえた時間を明記しています。
外出する時間帯に集中しているのが分かると思います。
通勤、午後2前後の外出、帰宅時です。

少しずつ過去に溯ってアップしていきます。
合わせてご覧頂けると有り難く思います。

なぶれば兎も食いつく

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*