日々出来事 集団ストーカー被害【変な光景パート3 鼻の穴】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきています。
迷惑行為から、交通事故の誘発・精神疾患など人生を枯れ木状態にする行為もありますが、全ては、でっち上げです。
ウソである以上、いつかは枯れ木に花が咲くでしょう。



昨日、午後6時45分頃、消防車の鐘が鳴っていました。

今日は、午前5時38分頃に目が覚めました。
午前5時40分頃から、ベランダに出る戸の開閉音が始まりました。

私が起きると始まる事が多いのですが、こんな朝の早くから出る必要もないと思うのですが・・・?
(音だけ?)

午前6時4分頃、ゴトンと物音の後に戸を開ける音がしていました。
やはり、私が色々な物事を考えていると、戸の開閉音が頻繁にするようになります。

他の音出しも、同じような事が言えます。

今考えていた事は、昨日の食事の後、鼻がツンとしてクシャミが何度も出ました。

風邪を引いている訳でもありません。
花粉症のように鼻がムズムズする感じでもありません。

表現としては、アンモニアの匂いを嗅いだ時のツンとくる感じが、鼻の奥に突き刺さったような感じで鼻水が出始めます。

どうしてこうなったか、その事を考えている時に、ガラガラッと戸を開けたり閉めたりと音がしてきます。

今日もゴミ捨ての日、ゴミを捨てに出ようと玄関を開けると階段の電気がついていました。

誰かが消し忘れたのか?
それとも、一晩中ついていたのか?

ゴミを捨てに出ると、時々仕事帰りに団地前の道路に、路上駐車していた車らしき車が路上駐車していることがあります。

ゴミ袋を置いて戻ろうとした瞬間に発進していきました。
このような行為は、いかにも監視をしていますよ。と、思わせる行為だと思います。

ゴミを捨てて、戻ってくると階段の電気は消えていました。
これらは、精神的な嫌がらせと言えるのではないでしょうか。

思い過ごしとか、勘違いをさせるようなね。
記憶違いを思い起こさせるようなね。

これが、この集団ストーカーの狙いでもあり、定番中の定番の行為です。
精神を疑わせること、精神疾患に仕立て上げる事が狙いですから。

だから、いろんな物を獲ったり、なくしたり、移動させたりして、記憶違いを演出しています。
身内や家族の中にも、加担的な行為をしています。

そして、近隣や身内と家族では、言われている事が違っていると思います。
近隣は、危険人物だと思いますが、身内や家族は精神に異常が見られるので、こうしたら良くなるような事を、言われているのだと思います。

しかし、その行為は私に対しては、逆効果になるのですがね。

午前6時42分頃、カラスが鳴き始めました。

今日は、ガラガラ、ガラガラと頻繁に戸を開け閉めし、こっちの様子を確認しているようでした。
なので、また小声で「そんなに監視をしたいならここに来れば」と、言ったら、すぐ携帯電話にお年寄りからの間違い電話がかかってきました。

すごい反応だなと感心致します。

そして、団地を出掛けるタイミングに、ゴミ収集車とかち合います。
今日は車は多いですが、サンドイッチにはされなかったです。

よかった、よかったと、そう云う訳ではないのですが・・・?

昼前に外出したら、いけば行く所におられたり、後から付いてこられたり、その場所がそうなっていたり、ほんとに大変な状態になっています。

午前10時50分頃に、消防車の鐘がなっています。

午後の12時20分頃と30分頃に、救急車のサイレンが鳴っていました。

午後2時24分頃と42分頃にも、救急車のサイレンが鳴っていました。

今も少し強めに息を鼻で吸い込むとツンとします。
なぜ???

今回は今まで見た変な光景のパート3を・・・

これも以前の事務所への通勤中の出来事です。

いつものようにサンドイッチ状態でトロトロと走行中に、反対車線の車の集団の中に黒いタクシーが目に入りました。

普段、色々なタクシーに付きまといをされているので、また付きまといをしているのかと、ついつい睨んでしまいました。

そして、今回もジーッと見ていると、なんだか変?

なんだか、鼻から白い物がダラーと出ています。

私は、いつもティシュで、こよりを作って、鼻の穴を掃除しています。
ティシュで、シュッポ、シュッポと掃除をしています。
(2020年現在では止めています。それは、ティシュに何か仕掛けがしてあるのか、鼻の穴掃除をすれば、余計にムズムズしたりします。ティシュの繊維かな?)

鼻の掃除をしているので、すぐに分かりました。

そうです。

ティシューで作ったこよりを、鼻の穴に詰めて運転しています。
まあ、ありかな!!

お客さんは乗っておらず、お客さんもいっしょに鼻の穴に詰めていたら、
大笑いです!

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*