日々出来事 集団ストーカー被害【私の実家】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきています。
迷惑行為から、交通事故の誘発・精神疾患など人生を枯れ木状態にする行為もありますが、全ては、でっち上げです。
ウソである以上、いつかは枯れ木に花が咲くでしょう。



昨日は、実家(生まれ育った家を仕事場に使っています。)のブレーカーが午後6時5分と6時40分に落ちました。
とうぜんながら、パソコンの電源も切れてしまいました。

自宅(現在住んでいる所)に帰る時(午後8時37分頃)に、救急車のサイレンが鳴っていました。

これは、もうほとんど毎日のようになっていました。
一度、こんなことをした事があります。

住んでいる自宅に戻り、車のエンジンを切り、車から一旦でたのですが、救急車のサイレンが鳴っていた為、実際に救急車が出動しているのか確認するために、再度車にのり、サイレンの鳴る方向に車を走らせました。

すると、救急車のサイレンが鳴るどころか、その周辺の道路には車一台も走ってなく、すぐ自宅に戻った事があります。

ほんとに緊急時で、救急車が出動しているかどうか、疑問です。

その前の午後6時52分頃と午後7時8分頃にも、救急車のサイレンがなっていました。

異常としか言いようがありません。
日本で一番人口の少ない県ですよ。

自宅の駐車場に着き、車から降りて歩いているとクラクションを鳴らされました。
またかと思い、自宅の中に入りました。

自宅に戻ると、二度サイレンが鳴りました。
その内の1回目の救急車のサイレンは、自宅の前を通過して行きました。

それと、同時にベランダに出る戸の開閉音が、2階から始まりました。

昨日、寝る前に読書をしたせいか、朝の6時まで目覚めずにぐっすり眠れました。

そして、まだ少し早いのと、それと寒い時は、なかなか布団から出られないですね。

まだ時間があるので、布団の中でゴロゴロする事にしました。
すると午前6時22分頃、2階からガラガラ シュー トンと戸と網戸を開閉する音が始まりました。

最初は時間をメモしたり、回数を数えたりするが余りに多いと面倒になってくる、大体出掛けるまで20回前後は行なっていると思う。

6時30分にカラスが鳴き始める。この時期6時半はまだ暗いのに???
それともこの近くをねぐらにしているのか?

6時36分、ジャバ ジャバ ジャバーと排水の音が始まる。ブログにアップしてから排水音が変わったような気がします。

この集団ストーカー被害は、その本人、ターゲットにしか分からないように工作されています。

それが、周りに知られてしまうと、やっていることの効力がなくなりますし、やっている事がバレてしまいます。

防犯とは裏腹ですから。

手品の種明かしをされてしまったような感じで、効果がなくなります。

毎度ながら、自宅を出ると、進路妨害や車の一団につかまります。

企業や団体もこれに加担していると思われるので、色々な出来事が起きます。

加担者の嫌がらせも、普段行なっている生活パターンの中で行なっているので、傍から見れば何でもない仕草であります。

しかし、その仕草や、その仕草で出る音が、被害者(ターゲット)にしてみれば、もの凄い効力を発揮する事があります。

それは、なぜかと言いますと、それはしつこさと、気付かせる行為によるものです。

それは、被害者(ターゲット)の何かの行動の際に、加担者の仕草が始められます。
これを毎日毎日、行なわれます。

例えば道路工事や建築工事、以前事務所を何回か移転をしていますが、必ずと云っていい程近くでアパート、マンションなどの建築工事がはじまります。

このような、この関係者団体も、この集団ストーカーに加担し、防犯活動に協力していると思われます。

なので、私の行動する場所、私がよく利用する店、道で工事が始まります。
それでないと、意味がありません。

しかし、それは利権に繋がります。
この仕事が少なくなっている中での利権や、仕事の受注ににも繋がります。

私が良く利用する道路は、頻繁に道路工事等が始まります。
それは、このような理由があるからだと思います。

そして、アパートやマンションは、また集団ストーカーの加担者が入っている可能性もあります。

そして、ゴミ収集車等も、この集団ストーカーに加担しています。
私の通行の進路を妨げるのには持ってこいです。

例えば、私が車で出かける時間帯と、ゴミ収集車の来る時間帯が重なっています。

午前8時37分頃、仕事場(実家)に着いた時に、救急車のサイレンが鳴っていました。

これも、たぶん近隣への知らせのサイレンだと思います。

そして午前9時12分頃、ガソリンスタンドの帰りにパトカーと遭遇しました。
このように、私が出かける度に、パトカーと遭遇することになります。

パトカーと遭遇すると、Uターンして後ろをしばらく追いかけていたこともありました。

パトカーもすごく、嫌そうでしたね。

あっちにいったり、こっちに行ったりしていた時もありました。
私もある程度すれば、サッと引き下がります。

午前11時22分頃、救急車のサイレンが鳴っていました。
ここは田舎です。

なので、一日に何度も救急車が出動するのはおかしいです。

何かで言っていませんでしたか?
救急車の出動回数が増えた理由を、何かで言っていませんでしたか?

確か、年寄りが増えたからだとか言っていませんでしたか?
いやいや、年寄りが増えたのは、元気だから増えたのだと思うのですが・・・

ここに引っ越しして、異例中の異例だと思うのですが、3週間位は超音波振動を感じませんでしたね。

照射されていたのかも分かりませんが、体には感じませんでした。
しかし、3週間位過ぎると、体感できるほどの照射が始まりました。

設定と位置調整に時間が掛かったのかな???

この部屋は、私がこの場所に戻ってから屋根を張り替えています。
屋根が古くなったからと言う事で、近隣の人が屋根を張り替えています。

いやいや、この部屋は別棟で、この家では一番新しい部屋です。
四畳半で薄暗い部屋ですが、夏は結構涼しく過ごせていた部屋なのですが、屋根の張り替えで、夏は暑く、冬は寒い部屋になりました。

この私の居る地域や近隣、そして身内や家族は加担させられた状態になっています。
それは、私が危険人物・異常者と云うレッテルを張られているからです。
事実とは、全く違うレッテルです。

そのレッテルで、利権や受注が増え、街が改造されています。
(私が利用した場所、私の居る地域周辺ですけどね。)

だから、この集団ストーカーというのは、家族や地域と云う関係が薄れ、加担者と被害者の関係の中で、いつもの通りの生活スタイルを続けています。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*