日々出来事 集団ストーカー被害【釣り場の閉鎖】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきています。
迷惑行為から、交通事故の誘発・精神疾患など人生を枯れ木状態にする行為もありますが、全ては、でっち上げです。
ウソである以上、いつかは枯れ木に花が咲くでしょう。



昨日、自宅の駐車場に着くと、他の車からクラクションを5〜6回鳴らされました。
どう云う意味なんでしょうか?

このような、車のクラクションを鳴らされる行為は、今まで幾度となく経験しています。

今日は朝方、夢を見ていたせいか眠りが浅く、午前4時3分頃に目がさめてしまいました。

そして、トイレに行き、もう一度寝ようと思ったのですが、なかなか眠れないでいました。

そうしていると、午前4時16分頃に、ベランダに出るガラス戸を開ける音が、2階から聞こえてきました。

えェーッ!

こんな時間でも起きて来るの?

こんな時間でもベランダに出るの?

と、ビックリ!!

そうこうしていると、午前4時34分頃から排水音(水を流す音)がはじまりました。

今回は、ジャーと云う音ではなく、ジョボジョボーッ、ジョボジョボーッと、垂れ流しのような音です。

そうしていたら、知らぬ間に寝てしまったのか、気がつくと午前6時49分頃でした。

今日は、可燃物のゴミ捨ての日です。
ゴミを持ってゴミ捨て場に行くと、見知らぬ誰かに遭遇することがよくあります。

そして、ゴミ捨ての日は何となく天気が悪いです。
天候も、よく操作されていると思っています。

しかしです。
天候まで、人工的に操作しないと出来ない工作なのかと、逆に勘ぐってしまいます。

午前7時32分頃、部屋の居間の畳の上に座っていて、何かを見ようとしたのか、右を振り向いた時に、他の階より(たぶん真上とは違う)ドアを激しく閉める音が聞こえてきました。

そして、この事をメモしていると、2階(2階でない可能性も)からジョボジョボーッと、排水管に水を流す音が聞こえてきました。

そして、出かける準備も整い、車で仕事場に向かうと、いつもと同じように車の一団に遭遇します。

団地を出る時に、おっ今日は車の一団がいないと、ほっとして走っていると、必ず何処かで遭遇する羽目になります。

こうなると、流れにまかせるしかありません。
どんまい、どんまいです。

この話は、日々の出来事とは関係ない話しなのですが、このようなケースもあると云うことで、お聞きください。

これは、私がよく行く釣り場が閉鎖された経緯の話です。

だいたいが、このようなケースで、修復や改良工事をしたり、それに対する対策を講じるきっかけになったりもします。

それを人工的に、人海戦術でそう持ち込むように行なうこともあります。

私は海釣りが好きで、毎週日曜日になると海に出掛けていました。
今は、それも出来なく成ってしまいました。

これは防波堤の閉鎖の話です。

その防波堤の閉鎖ですが、まず事故が多発します。

テトラポットの上から落ちたり、堤防から海に落ちたりと不思議に、このようなケースが増え始めます。

そして、それにも増して、一番の決めてになるのが、おお人数や家族連れで、どんどんと押し掛け、マナーの悪さをこれでもか、これでもかとやります。
いたる処に、ゴミ、ゴミです。

アミエビを入れていたビニール袋や、餌があちことに散乱しています。
防波堤から、そのアミエビの臭いが漂ってきます。

ゴミ入れを設置しても、効果がありません。
今、考えると、そりゃーそうでしょう。

迷惑を掛けるために、動員されている人海戦術ですから。

そして、車で堤防まで乗り入れたりと、マナーの悪さを露呈していました。

このような行為を、毎回毎回繰り返す事により、漁協側も余りのマナーの悪さに堤防を閉鎖、柵を設置され出入り禁止の措置を講じました。

これで私のお気に入りの釣り場が、一つ潰された事になります。

この集団ストーカー被害と言うのは、その被害者(ターゲット)の好きなものを潰すと言うのも工作の一つでもあるようです。

結局、楽しみをなくすと云う事ですね。

表向きは、一方的に被害者(ターゲット)が悪いように聞かされ、思わされています。

それにより、防犯パトロールなどの行動を、一般市民に推奨するような背景になっています。

しかし、その裏の裏では、被害者(ターゲット)を困らせ、悪者に仕立て上げる工作が、防犯パトロールと同時に行なわれています。

そこには、お金が絡んでいます。
最終的には、お金の獲得、利権の獲得です。

集団ストーカーを簡単に言ってしまえば、
これが、集団ストーカーの裏と表です。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*