2010年12月14日 火曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日自宅の駐車場に着くと、他の車からクラクションを5,6回鳴らされる。

今日は夢を見ていたせいか眠りが浅く、午前4時3分に目がさめてしまった。
トイレに行き、もう一度寝ようと思うがなかなか寝られない。そうしていると、午前4時16分にベランダに出るガラス戸を開ける音、えェーッ!こんな時間でも起きて来るのとビックリ!
そうこうしていると、午前4時34分排水音(水を流す音)がはじまる。ジャーではなくジョボジョボの音。

知らぬ間に寝てしまったのか、気がつくと午前6時49分、今日は可燃物のゴミ捨ての日、ゴミを持ってゴミ捨て場に行く、ゴミ捨ての日は何となく天気が悪い。
午前7時32分、座っていて右を振り向いた時に他の階より(真上とは違う)ドアを激しく閉める音。
この事をメモしていると2階からジョボジョボと排水音。

車で仕事場に向かうと、いつもと同じように車の一団に遭遇。

この話は、今日の出来事とは関係ない話しですがこのようなケースもあるとゆうことで、今回は良く行く釣り場が閉鎖された経緯をお話したいと思います。
私は海釣りが好きで毎週日曜日になると海に出掛けていましたが、今はそれも出来なく成ってしまいました。
防波堤の閉鎖ですが、まず事故が多発します、テトラポットの上から落ちたり、堤防から海に落ちたり、そして一番の決めてになるのが、大人数や家族連れでどんどん押し掛け、ごみを至る所に捨てる、車で堤防まで乗り入れる等とマナーの悪さを毎回毎回繰り返す事により、漁協側も余りのマナーの悪さに堤防を閉鎖、柵を作り出入り禁止にする。
これで私のお気に入りの場所が一つ潰された事になります。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*