日々出来事 集団ストーカー被害【幼児虐待】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきています。
迷惑行為から、交通事故の誘発・精神疾患など人生を枯れ木状態にする行為もありますが、全ては、でっち上げです。
ウソである以上、いつかは枯れ木に花が咲くでしょう。



昨日の夕方、午後5時半位に自宅に帰りました。
そして、インスタントコーヒーを飲もうと、コーヒーカップに粉を入れる際に、粉をテーブルにこぼしてしまいました。

その時です。
その時、2階からドーン!
音がでました。

今までの経験ですと、間違えた時、困った時そして、弱みや恐怖心などを憶えるような時に、何かしらの音出しや車の走行音などを出す傾向があります。

結局、動物や虫を使うのも、このことがあるのですね。

まぁ、ネガティブな感情が好きというより、被害者をネガティブな状態にさせておきたいのだと思います。

ポジティブなハッピーは、ダメなんですね。
この集団ストーカーには、ポジティブは不適切なようです。

陰湿な行為ですから、そっちに引きずり込みたいのでしょう。

そして、ベランダに出るガラス戸の開け閉めの音が始まり、排水の音もはじまります。

ガラス戸の開閉音そして排水音と始まるのですが、この排水音にもパターンが有るようです。

朝はゴトゴトジャーーー! 
と、結構な勢いで流れてきます。

しかし、夕方は垂れ流しのような、ジョボジョボジョボジョボと、かなり長く続きます。

私が、午後5時半位に帰ってから、午後8時過ぎ位まで続いていました。
このような行為は、私が一人のとき、あるいは私が一人その場所にいる時のみに行なっています。

しっかりと部屋の確認は出来ているようです。

午後11時前にテレビを消すと、すぐ水の音がジャーとしていました。
(今現在はテレビを一切見ていませんが、このときはまだ見ていました。)

これも、私が何かの行動を起こす前に、音出しをよくされます。
たぶん、その行為だと思います。

月曜日の朝は、午前6時前に目がさめました。
しかし、まだもう少し早いので、布団の中に居る事にしました。

すると、午前6時にガラス戸の開ける音が始まりました。
そして、恒例のパターンの音出しが始まります。

この集団ストーカーの音出しの音というのは、個々の家庭で音出しの音が違う場合があります。

それは、個々の家庭で出る音、何かを使って出る音を利用しています。
他の家庭で出る音を、共通で使うことはできません。

それは、不自然ですし証拠にもなります。

しかし、共通する音もあります。

それは、ドーンと云う音です。
この音だけは、どこでも同じです。

そして、車で仕事場に向かうと、これもまた、恒例の車の一団に引っかかってしまいます。

仕事場では、一週間で3回も、ブレーカーが落ちました。
それも、すべて午前中に落ちています。

いつもと、変わらない使いかたをしているにも関わらず、ブレーカーが落ちることがありました。

外部から何かの工作をされているのかな?
とも思いました。

この集団ストーカーというのは、電気代などが高くなる傾向にあります。
それは、隣なのどに使われている場合も考えられます。

この組織的な集団ストーカーには、電気は必要不可欠なものです。

そして、午後2時半前に仕事場にしている自宅から外出すると、白のタクシーが後ろから着いてきました。

頻繁に私の周りをうろついているタクシー会社の車です。

しばらく走り、路肩に車を止めタクシー先に行かせました。
そして、そのすぐ後ろを走りました。

付けられていることが、嫌なのか、意味がないのか、私の行く道のコースからはずれていきました。

すると、こんどは脇道から、どんどん車が本線に出てきます。
どの脇道からもです。

この行為は、頻繁によくされます。

この集団ストーカーというのは、車の一団、自転車、歩行者が常に町中を巡回しています。

今一番多いのは幼稚園の送迎バス、行けば行く所に必ず現れます。

これは、防犯パトロールを、アルバイトのようにしているからだと思います。
私の周りをうろついたり、情報提供をすれば金銭に繋がるのだと思います。

だから、私が通る道すがらで、送迎バスを停めるような工作もされていると思いますね。

まぁ、この集団ストーカーは、過去あるいは現在おいて、何か関係をしていたものを利用しています。

それともう一つあります。
そのものに、関係性を持たせたいと云う工作もあります。

この集団ストーカーというのは、偽の内容をいかにもと云うように言いふらしておきながら、そのものを私に近づけてきます。

それと同じような行為が、新聞に子供の写真を載せていますね。
そのものを近づける行為に、よく似ています。

それは、私がいかにも幼児虐待の行為をするかのようにです。
たぶん、そのようなことを言いふらしていると思います。

今世間で、こども110番とかありますね。
これも、私に関係していることだと思います。

今、よくよく考えてみると、たぶんこの事かなと云う出来事がありました。
子供を、お風呂に入れていた時の事です。

私のこのことで、このような事にされているとは、夢にも思っていませんでしたからね。
でも、たぶんそうだと思います。

どこのシャワーも、こうなのかどうか分かりませんが、団地で使っていたシャワーは、こんなんでした。

湯を出すのに、レバーをねじって出していたと思います。
(随分と前の話なので、記憶がおぼろです。)

ねじって出すのは、いいのですが、ねじった端は、熱いお湯がでます。
だから、体に掛からないように他に向けて、お湯をだします。

何秒かすると、体にかけても大丈夫な熱さになります。

それが、そのとき子供と一緒に入っていて、私は掛からないつもりだったのですが、当然掛けるつもりもありません。

ある訳ないでしょう。

もっと、子供のお尻の後ろに、シャワーの湯がでるはずだったのですが、それが、子供のお尻に掛かってしまったのです。

たぶん、今おもえば、原因はこれかな?
いゃ、私の不注意なのですが、たぶんこれだと、

そのときは、左にシャワーのノズルをもち、正面をむいたままだったら大丈夫だったのですが、シャワーのレバーを回すために、顔というか体を右に向けて回しました。

このときに、左が動いたのかも知れません。
このときは、ほんとにあたらないと云う意識で、レバーを回していたと思います。

そして、子供の「アツーッ」と言う声で、あぁ、ええー、
ごめーん。

と云うことが、子供が小学校の時にありました。
他のことは忘れていますが、このことは私も気にしていたので、憶えていたと思います。

もしかしたら、これが、いかにも幼児虐待のように捉えられていたのかもしえないですね。

そうかもしれないです。
それを、誇大広告のように扱うのが、この連中です。

そして世間で幼児虐待が問題視されている背景も存在します。

それに加え、私の団地の隣は、保育園です。
私のいる団地の部屋は、一階で外を見れば保育園が正面に見えます。

この連中は、ほんの僅かなことでも、大げさに必要以上に言いふらしますからね。

それが、この連中の仕事かも知れません。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*