日々出来事 集団ストーカー被害【排水音と鼻毛カッター】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々の出来事のように集団ストーカー被害がおきます。
迷惑な嫌がらせから、交通事故・精神疾患など人生を枯れ木状態にする行為も、しかし、全ては、でっち上げです。
ウソである以上、いつかは枯れ木に花が咲くでしょう。



午前4時52分頃、トイレに行きたくなり、起きてトイレに向かいました。
トイレに入ると、耳にジィーと音が聞こえてきました。
私はジィー音と言っていますが、それが始まりました。

外では、その瞬間だけ、急に風が強く吹き始めることがよくあります。

そして、布団に戻りしばらく眠っていると、午前5時10分頃、2階からベランダに出る窓を開けて閉める音が聞こえてきました。

私が何かを考え始めたり、考えを終えた時に、ベランダに出る窓の開閉音が聞こえてきます。

そして、午前5時20分頃、救急車のサイレン音が鳴りはじめます。
そして、午前5時32分頃より、上の階からの水を流す排水の音が、部屋に響き渡ります。

なぜ、上の階から水を流す排水音が聞こえるようになったのか、不思議になり流しの下にある扉を開けてみました。

すると、配水管が知らない間に交換されているようです。
普通の配水管は虫が、流しに上がってこないように、途中で水を溜めて防止をしています。
Uの字に曲げて、水が溜まるようにしてあるはずです。

確かに、団地に入った時は、そのような配水管でした。
その配水管が、ストレートの配水管に変わっていました。

これだけで、排水音が聞こえると言う訳でもないと思います。
もし、そうなると、一日中聞こえてくることにまります。

しかし、それは私が一人、流しのそばにいる時に主に始まります。
だから、実際に水を流しているのではなく、排水音の録音した音を、配水管に響かせていたのかも知れません。

これは、私の想像です。
ハッキリしたことは、分かりません。

そして、そして、知らぬ間に寝てしまったのか気がつけば、午前7時51分でした。
いゃー、慌てて布団から飛び起きましたね。

今日は、土曜日です。
今日は、いつもの土曜日と違い非常に外が騒がしいです。

どうした、ことでしょう?
しかし、私は鼻毛の手入れです。

鼻毛の手入れをすると、いつも思う事があります。
鼻毛カッターを使うと、周りの音がしなくなるような気がします。

これは、鼻毛カッターのノイズ音で聞こえなくなっているのでしょうか?
そして、鼻毛カッターの電源をOFFにすると、外の音が騒がしく聞こえてきます。

やはり、鼻毛カッターのノイズ音が関係しているのでしょうか???

そして、午前9時40分頃、車に乗り込もうとした時に、救急車のサイレン音が鳴り始めます。
そして、道路に出ると、いつもの車の一団です。
進行方向に車の一団があり、そして,後ろから別の一団です。

そして、いつものように、サンドイッチの状態で、一団の車に挟まれてしまいます。
そして、道路には路上駐車の車が増え、明らかに進路妨害をしていると思われます。

そして、仕事場にしている実家に行っても、この行為は続いています。

午後2時46分頃、トイレ(小)に入ると救急車のサイレン音が聞こえ始めます。
トイレに入ったからといって、急に救急車の出動は出来ません。

ここまで来るのに時間が掛かります。
なので、何処かに待機していたのかと思ったのですが、それはちょっと考えられません。

私のためだけに、待機しているなんて考えられません。
市民のための救急車ですから。

ですので、これは録音、音の送信です。
トイレを出て聞こえなくなるのは、これだと思います。

しかし、トイレをでても聞こえている場合があります。
これは、防災無線などのようなスピーカーから出ている場合もあるでしょうし、
偽の救急車も考えられます。

どちらにしろ、市民の命を守る大切な音です。
そのサイレンの音を、このような集団ストーカーに、利用していいのかと云う疑問が出てきます。

そして、この耳に聞こえるジィー音なんですが、ちょっと離れた所でセミ(ニイニイゼミ)が、ジィーと鳴いている感じで聞こえます。

これは、今も続いています。

そして、もう一つ、二つ付け加えておきます。

その行為をメモしたり、その行為を口にしたり、その行為をしている人を思い浮かべたり、名前を思い浮かべたりすると、その人あるいはその行為を倍にして嫌がらせをさせられることがあります。

これは、なんでしょう?

結局、その行為が裏目に出た、バレた?

こうなれば、アルバイトとして成立しないのかな?

それと、この組織的な集団ストーカーは、私がした行為を真似する傾向があるようです。

例えば、私が車のドアを強めにバーンと閉めると、2、3日後くらいに、みんなが車のドアをバンバンバンバンと、閉め始めます。

これが、現在でも続いています。

この集団ストーカー被害は、その被害者(ターゲット)が、実際に行なった行動を元に、その行動をさらにオーバーにしつこく行なう行為でもあります。

なので、被害者によって被害内容は違いますが、共通する部分も多々あります。

では、


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*