ちりも積もれば山となる集団ストーカー?

日々の出来事のように集団ストーカー被害を受けております。
迷惑行為から、嫌がらせ行為など、もうこれはプライバシーの侵害・人権侵害のなにものでもありません。
これは集団ストーカーの被害者側と加担者側の相違によるものです。
その相違を生み出しているものが、でっち上げ・捏造そして恐怖心です。
でっち上げ・捏造である以上、晴れて春になり枯れ木に花が咲き誇ります。



昨夜(1日の夕方から2日の朝方まで)は、非常に風が強かったです。
いゃー、毎度ながらブログの更新の準備を始めると、いつもこんな感じです。

いゃー、参った参った。
参りました。

まだまだ、天候・気象の操作はされています。
そして、超音波の照射もガンガンと、されています。

まぁ、ドンとまいまいカタツムリ?
なんじゃそれー、意味が分かんない。

それ、ただ単に、
ドンマイ?

本音で対談世界統一計画古谷 暢基先生・パート①

税金は泥棒リベタリアンの始まり

この集団ストーカーというのは、何なんでしょうね。
わたしから見れば、馬鹿げているとしか思えないような出来事なのですが、

同じようなことを毎日毎日行なっています。
この集団ストーカーというのは、毎日の積み重ねで行なわれていると思います。

証拠を残さないように、分からないように日常生活の中の生活音を上手く利用してターゲットだけに分かるように、攻撃や嫌がらせをされていると思わせるように工作が行なわれています。

僅かな音出しから、車の走行や歩行者の往来にしても、ターゲットだけに分かるように、氣になるように工作をされています。

なぜ、ターゲットだけに分かるのかと云いますと、それはタイミングです。
例えば、自宅内の何処かに行けば、毎回車が自宅の前を走り抜けていくとか、何か(柱時計など)を見たら外で音が出るとか、このような僅かな行動を延々と毎日、何度も何度も行なわれます。

ちりが積もれば何とやらと云ってもいいくらいの工作です。
この集団ストーカーのターゲットは、多勢に無勢の状態の中で、ちりが積もるいっぽうです。

実際、不思議なほど、ちりが積もります。
部屋にチリの積もる速度が早いですね。

まぁ、加担者側にしてみれば真剣にやっているのか、イヤイヤながらやっているのか、わたしには全く分かりません。

分かりませんが、確実に集団ストーカーを行なっている加担者の集団は存在しています。
(この内容に対して、瞬時に風がブッワーと吹いてきました。)

それらの工作は、また何かの合図に行なわれることもあります。
まぁ、それは公共のサイレンが多いですけどね。
(ここで、なぜだか石油ファンヒーターのストーブが切れました。)

その公共のサイレンを合図に、姿を現しては消えていきます。

加担者は、月光仮面なんですかね?
疾風(はやて)のように現れて、疾風のように去っていく。

どこの誰だか、わたしは知らないですけど、
仮面をかぶった、正義の味方なんですか?
仮面をかぶった、よい人なんですか?

それとも、通り魔ですか?
それとも、ただ単に通行人ですか?

この、集団ストーカーのすっとこどっこい。
この集団はターゲットの周辺に入れ替わり立ち替わり、姿を現します。

まぁ、そりゃーそうです。
ターゲットの周辺じゃないと意味がありませんからね。

しかし、この集団ストーカーというのは、枠にはめられた生活・行動をさせられているとわたしは思います。

それは、確かなように思えます。
それは、ターゲットの行動ありきだからだと思いますね。

ある意味、ターゲットの行動に合わせて、動く必要あると思いませんか?
だから、近隣の何処か誰かが、常時わたしの行動を監視している場所があると思います。

そうでなければ、タイミングに合わせた工作ができませんからね。
それに加え、ターゲットが思考や動くことで発生する電気信号を読み取っている場合もあります。

この加担者側の行動は、洗脳により集団行動をとらされていると云った方がいいと思います。

そこには、防犯を見据えた利権に繋がる土木建築が存在しています。
まぁ、こじつけによる土木建築といっていもいいかと思います。

まぁ、それは、
防犯を円滑に行なうための土木建築?

これは、なぜだか巡業型の土木建築のようにも思えますね。
虫がエサに集るような感じ?

いろんな所から、いろんな業種がエサに集まり、エサがなくなればエサを求めて別の場所に移動すると云うような?
(文字の変換ミスでフクロウが鳴き始めました。変換ミスはエサがなくなればのなくなればを、亡くなればに間違えて変換したら鳴き始めました。これがこの連中のやり方です。ネガティブキャンペーンです。)

何となく、何かの理由でバァーっと他県から集まり、また何かの理由でバァーっと、その場所を去って行っていませんか?

こう思っているのは、わたしだけかも分かりませんが、巡業型の集団ストーカーのように思えます。

地元の人じゃないなと云う感じの人もいるのではないでしょうか?
まぁ、このような田舎は車社会です。

あまり、自転車通勤をされるかたは多くないと思います。
ロードバイクに乗っていたりとか、ジョギングでそこまでの格好はしないと思います。
まぁ、この方達は公安の方ですか?

土木建築の利権で多いものの中に、マンションとかアパートの建築があります。
たぶん、これはこの方達の宿を先に利権がらみで建築しているのかも知れないですね。

まぁ、その中でも創価学会が、この集団ストーカーの根本なのでしょうかね。
しかし、わたしは仕事で創価学会の方に大変お世話になりました。

それは、たぶん表の創価学会なのだと思います。
そして、裏の創価学会に集団ストーカーをされているのだと思います。

これが、ほんとに裏腹です。
ここにも、裏腹があります。

ストーカー規制法は、たしか公明党が制定したのでは?
でも、集団ストーカーには創価学会が加担しています。

もしですよ。
このような大掛かりな集団ストーカーの利権がらみなどを、他の宗教団体がしていたとしたら、創価学会は何もせず見過ごすのでしょうか?

そうは、思えないですが?
麻薬の取り締まりにしても、同じことが云えるのではないでしょうか?

時々、麻薬関連の取り締まりが行なわれています。
それは、創価学会の売り上げが減るからと云う理由らしいですね。

それは、ライバルとか商売敵を潰しているのだと云うことのようです。
それに、この集団ストーカーと云うのは、前もって全国のターゲットにしうる人物のリストを予め保有していると云うことを読んだことがあります。

東京の本部にそのリストが集められているそうです。
創価学会の支部は全国各地に存在し、会員の方が実行部隊に置き換えられてしまうのでしようかね?

そして警察(公安)とのコラボで、ターゲットを利権と組織を守るための人物像に仕立て上げられてしまいます。

ある程度の恐怖心を地域が抱かせるような人物像に仕立て上げます。
そうすることによって、地域が一致団結して動くようになります。

そうすることによって、つるの一声ではないですが、同じ方向を向くように成ると思います。
海の中を泳いでいる、イワシの群れを想像してみたら分かり易いかなと思います。

要するに洗脳による支配構造の構築。
学校で云う先生と生徒の関係。

先生の云うことには生徒も従います。
聞かなければ、廊下に立っていろとかの罰則与えられますね。
よくにていますね。

地域を学校に例えてみると、警察の指導で地域がそれに従う。
従わなければ、村八分みたいな、生活が苦しくなるような工作を受けます。

この集団ストーカーも、今までの社会構造のピラミッド社会の一部だと思います。

まぁ、一部と云うよりも、無理矢理ピラミッド構造の中に押し込み、構築させピラミッドの駒として、機能しているような氣がします。

洗脳・支配する考え方としては、全て同じだと思います。
表向きは、いいことをしているように思わせ信用させつつ、利権で税金を吸い上げ次第に地域や市が衰退していくのかなと考えています。

その前に、世の中の社会構造がガラッと変わればいいと思っています。
そう思っているのは、わたしだけなのでしょうか?

そうなれば、この地域はお払い箱で、この輩は新たな新天地、新たなターゲットを探し移動するのかな?
なんて思ったりもします。

このように、その地域にそのようなターゲットを作っておくことによりスムーズに利権の獲得が行なわれるのだと思います。

防犯を名目にした作業なのか、作業により防犯を有利に行なえるようにしているのか分かりませんが、それは単なるこじつけによる土木建築だと思います。

なので、この土木建築はあらゆる場所で行なわれています。
ようするに、この土木建築はターゲット目線で行なわれます。

ターゲットの行った場所、行く場所。

ターゲットの利用した場所、使う場所。

ターゲットが想像した場所、ひらめいた場所。

ターゲットの氣になる場所、氣にしている場所。

こんなことで、三十代半ばから本格的に始めた趣味の釣りをするための釣り場や港も利権がらみの土木建築が横行していました。

その前に、わたしはスキーをしていました。
(初心者にお毛毛が生えたようなレベルです。)

その場所はわかさ氷ノ山です。
わたしがスキーをしていた時の氷ノ山と、わたしがスキーを止めてからの氷ノ山は、ガラッと変わっています。

まぁ、これがターゲット目線による利権獲得の土木建築です。

わたしは,その前からスケートボードを少しかじっていました。
かじっていたと云っても、実際にボードをガリガリとかじっていた訳ではないですよ。

ボードには歯が立ちません。

ボードは、手強いですよ。

まぁ、そんなこともあり、スケートボードにソリを履かせたら、雪の上でも滑れるのではと思い、調べているとやはりアメリカでそのような事をしている事実がありました。

まぁ、その辺でアメリカからスノーボードが普及し始めたのではないかと思います。

まぁ、それでスキーはどうしても、お金が掛かります。
リフト券と交通費や駐車料金(無料の場所はいいけど)は、どうしても掛かります。

それに、食堂で昼食をとれば、またそれもね。
(なんか、めめっちいですね。)

その当時、わたしは既に潰瘍をわずらっていました。
先生もストレスが原因の可能性もあると云うことから、ストレス解消を勧められていました。

それで、冬はスキーをし、夏場は林道を車で走っていました。
(普通の道を走るより、こんな道を走る方が好きです。)

たまにならいいでしょうけど、毎回ですからね。
それで、スキーを止め会社の人の勧めもあり、子供頃から行なっていた釣りをすることにしました。

ワクチン接種をしたくない理由

銀座まるかん は、ツヤを考える‼️【斎藤一人さんの教え】ツヤで運気アップ‼️【美開運メイク】

【斎藤一人】毎日使っている化粧品はコレ!!!裏ワザも紹介します!!

お腹の脂肪を燃やしてくれる食品30選

寝ている間に体重を減らす方法

1日2杯、一週間でお腹がペチャンコに!


スポンサーリンク